2015年09月28日

横須賀市 田浦長浦港 廃線跡散策 その3

第一回 八景島〜京急田浦〜田浦編
第二回 田浦駅構内編

今回からは田浦駅を出ての散策に入ります。
まず北口を出ますと、コンクリで出来たいい感じの相模運輸の倉庫がありました。
DSC03143.jpg
中央の地図板には未だ長浦港へと続く線路が描かれています。感動です。
中々古めかしい感じです。どうやらこの倉庫は旧海軍の第一水雷庫だったようです。

DSC03144.jpg
最近は中々見ない古風な倉庫です。

近辺には自衛隊の施設が多く存在します。守衛などは見かけませんでしたが中々ピリピリとした雰囲気でした。

DSC03146.jpg
相模運輸のK号倉庫、レンガ造りのようですが上からモルタルか何かを塗ったようで無骨な外観になっています。旧海軍では光学兵器倉庫として使われていたようです。
手前にフェンスがありますが、これはつい最近(3年以内?)設置されたみたいです…売却関係だとは思います。

DSC03147.jpg
軌道はある程度残っています。レールが残る廃線跡を歩くのは初めてなので興奮していました。
ただしここ数年で軌道はかなり撤去されているようであちらこちらでブツンと途切れていました。

DSC03148.jpg
分岐部分です。ただし左側に伸びるレールはだいぶ昔には不要となっていたようで転轍機すら存在しません。
手前から右に続く側は暫く使われていたのでしょう。
奥の施設は港湾合同庁舎で、ガルパンと海保のコラボポスターが貼ってありました。

DSC03149.jpg
猫、港の職員に餌付けでもされているのでしょうか、港の入口にもう一匹の猫とずっと居座っていました。

DSC03150.jpg
軌道は港の中にも続きます。こちらは引き込み線とは切断されてしまっている側です。軌道は残っているのに二度とその上を列車が通ることはない…なんとも不思議な感覚です。奥の軌道も見たかったですが如何せん夏なので草が生い茂り全く見えませんでした。

DSC03151.jpg
港湾合同庁舎の前にはきちんとした軌道が残っていました。以前、数年前は殆どこのように枕木にレールが乗った状態だったようですが今ではここ以外ほぼ道路の軌道は砂で固められてしまいました。

DSC03152.jpg
道路横を軌道は伸びています。奥の茂みを超えると川です。以前はこの川に鉄道橋も残っていたみたいなんですが完全に撤去されていました。悲しいものです。ここ数年で完全に不要な路線と判断されたのでしょう。

DSC03153.jpg
反対側(田浦駅方面)です。15年近く前まではここを貨車が通っていたと思うと何度も書きますが不思議な気持ちになります。地元の人に話を聞いてみようかとも思いましたがやめておきました。

DSC03154.jpg
道路横にはなんとかレールが存在していた名残が残っていました。出来ることならこの引き込み線の存在をもっと早く知って記録したかったですね…まぁこんな後悔いつもしてるんですけどね(
早い行動が一番です。実際この散策も思いついて1ヶ月以内に行いました。ただ嫌なことはサボるんですケド。

今回は平日ですがかなり長い内容になってしまいました。画像も多めです。

検索で調べた人もこの記事で引き込み線を知った人も訪問してみたいという方は早めが良いと思います。数年間で周りの建物含めかなり変化しているようですからあっという間に軌道が無くなる可能性もありますしね。無茶して来るほどではありませんが、この先載せる予定の90度平面交差や旧海軍関係の施設など散歩気分の距離ながら結構楽しめます。あまり人は多く見かけない上自衛隊施設が多くあるので結構緊張しましたが…

では、また



posted by atmtrain at 20:25 | 大連 | Comment(0) | 廃線跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。